「水泳の聖地」の東京五輪水球会場、アイスリンク改修を検討 - 産経ニュース

  • 时间:
  • 浏览:7

  2020年東京五輪で水球競技が行われる東京辰巳国際水泳場(江東区)について、東京都が大会終了後に、フィギュアスケートやアイスホッケー、カーリングができるアイスリンクに改修することを検討していることが22日、関係者への取材で分かった。

  都は近隣に建設している東京大会の競泳会場「五輪水泳センター」とは異なるスポーツ施設にすることを模索。東京辰巳国際水泳場は「水泳の聖地」として親しまれた施設でもあり、引き続きプールとして残す案も含めて検討を進める。老朽化が進んでおり、大会後は数十億規模の改修費が必要な情勢となっている。

  近年、日本では羽生結弦(はにゅう?ゆづる)選手の活躍などでスケート人気が高まっているが、都内で一年中利用できるリンクは少なく、東京五輪のレガシー(遺産)を冬季スポーツの活性化につなげたいという意見が関係者から出ているという。

猜你喜欢